中学校2年生理科-化学変化と物質

2021年5月21日

銅と酸化銅

講師
講師

下のグラフは銅と酸化銅との質量の関係を表したものである。
次の問に答えなさい。

問 銅0.8gと酸素0.8gを十分に反応させて酸化銅をつくった。
1 酸化銅は何gできるか
2 反応しないで残る物質は銅と酸素のどちらか。
3 また、その質量は何gか。


複数の問題があるけど焦らずに一問一問丁寧に解いていこう。

生徒
生徒

まず1はグラフより、酸化銅:銅=0.5:0.4=5:4の質量比が分かります。
酸化銅:銅=5:4だから酸化銅をXgとすると
5:4=X:0.8
4X=4.0
X=1.0
よって、銅0.8gからできる酸化銅は1.0gです。

講師
講師

正解です!
酸化銅は1.0gできます。
次の問題もその調子で解いてみよう!

生徒
生徒

1の問題より、銅0.8gから酸化銅1.0gができたのだから、
化合した酸素の質量は、1.0g-0.8g=0.2gです。
用意した酸素は0.8gだから。反応せずに残るのは酸素で、
その質量は、0.8gー0.2g=0.6gです。

講師
講師

素晴らしい!正解です。
反応しないで残る物質は、酸素
その質量は、0.6g


質量変化の問題は、もともとあった銅と酸素のうちどちらが反応せずに
残るかをよく考えることです。
もともと同じ量が合った場合は、銅:酸素=4:1の関係から、必然的に酸素が余ります。
良く覚えておきましょう。
下の加熱前後の質量バランス図を書くとより明確になります。


中学生理科特訓プラン

化学特訓プラン

推奨学年中学1年生~中学3年生
内容中学1年:身のまわりの物質
中学2年:化学変化と原子・分子
中学3年:化学変化とイオン
時間割50分授業×週1回
授業回数月間4回
授業料(月額)中学1年生:8,300円
中学2年生:8,700円
中学3年生:8,900円

生物特訓プラン

推奨学年中学1年生~中学3年生
内容中学1年:いろいろな生物と共通点
中学2年:生物のからだのつくりとはたらき
中学3年:生命の連続性
時間割50分授業×週1回
授業回数月間8回
授業料(月額)中学1年生:8,300円
中学2年生:8,700円
中学3年生:8,900円

物理特訓プラン

推奨学年中学1年生~中学3年生
内容中学1年:身のまわりの現象
中学2年:電気の世界
中学3年:運動とエネルギー
時間割50分授業×週1回
授業回数月間8回
授業料(月額)中学1年生:8,300円
中学2年生:8,700円
中学3年生:8,900円

地学特訓プラン

推奨学年中学1年生~中学3年生
内容中学1年:大地の変化
中学2年:天気とその変化
中学3年:地球と宇宙
時間割50分授業×週1回
授業回数月間8回
授業料(月額)中学1年生:8,300円
中学2年生:8,700円
中学3年生:8,900円

計算問題特訓プラン

推奨学年中学1年生~中学3年生
内容中学1年:密度、溶解度、質量パーセント濃度、圧力、浮力、フックの法則、地震
中学2年:化学反応、湿度、飽和水蒸気量、オームの法則、熱量、電力
中学3年:イオン、天体、力学的エネルギー、仕事の原理
時間割50分授業×週1回
授業回数月間8回
授業料(月額)中学1年生:8,300円
中学2年生:8,700円
中学3年生:8,900円

各種理科特訓プランは以下からお問い合わせ下さい。

LINEで問い合わせ

※下のボタンをクリックして、お友達追加からお名前(フルネーム)とご用件をお送りください。
篠ノ井校LINE
川中島校LINE
青木島校LINE
東和田校LINE

    お問合せフォーム

    お問い合わせ内容 (必須)

    最寄りの教室 (必須)



    ※入力頂いた情報は、お問合せ内容に対応する目的のみ使用し致します。
    ※お子さまとの相性ややる気を重視している為、しつこい勧誘や営業活動には使用致しません。