【中学受験対策】信州大学教育学部附属長野中学校

2019年11月6日

信州大学教育学部附属長野中学校の入試科目

国語・算数・理科・社会(各25 分)作文 (30 分)  集団面接

使用教材

専門テキスト

筆記試験対策

筆記試験では、小学校6年生の1学期までの内容が出題されます。標準的な問題が多く、難問はあまり出題されない傾向にあります。
しかしながら、基礎的な知識だけではなく思考力を問う問題も出題されるため、小学校の学習内容をしっかりと定着させつつ、
プラスαの問題にも対応できるようにしておく必要があります。
本校では、綿密な指導計画のもと、中学受験用の専用テキストを使って筆記試験対策を行っております。

作文対策

作文は原稿用紙1枚程度で、過去には「友達に感謝すること」「学校で勉強する意味とは」など、学校生活に関する内容が出題されています。
本校では、作文を書く際の注意事項や構成の指導及び様々なテーマに沿った作文の練習、添削を行っています。

面接対策

本番の面接は少人数のグループ形式で、面接官の質問に受験者が順番に答えていきます。
質問内容は学校生活に関することや志願理由など、毎年一般的な内容が多いです。
入試2ヵ月前から、面接のマナー等の指導や質疑応答の練習を行っています。