中学校1年生数学-一次方程式利用問題

2021年5月21日

単元:1次方程式 利用問題

講師
講師

一次方程式を使った問題です。
「ある品物に、仕入れ値の15%の利益を見込んで定価をつけた。ところが、なかなか売れないので
定価の1割引きで売ったところ、700円の利益があった。この商品の仕入れ値を求めなさい。」

講師
講師

まずは、定価=仕入れ値+利益の計算式
で式をつくるところから行きましょう。

生徒
生徒

仕入れ値を求めるので、仕入れ値をX(円)として考えてみると、
定価=仕入れ値+仕入れ値の15%の利益=X+0.15X=1.15X(円)でいいのでしょうか。

講師
講師

OKです!
次に定価の1割引きで売った売値はどう表せるかを考えてみましょう。

生徒
生徒

売値=定価-定価の1割引き分の価格
1割引き分は10%分に相当するので定価の10%と考えると
1.15X(円)-1.15X×0.1
=1.15X-0.115X=1.035X(円)

講師
講師

これもOKです!
次は、利益700円となるように式を作ってみましょう。
計算式は次の式のイメージで考えてみましょう。
売値―仕入れ値=利益

生徒
生徒

売値 : 1.035X(円)
仕入れ: X(円)
だから、1.035X-X=700ですね。

講師
講師

さすがです!
Xを出す計算をしてみましょう。
ヒントはすべての項に1000を掛けると小数が消えます。

生徒
生徒

1000を全部の項に掛けると、
1035X-1000X=700,000
35X=700,000
X=20,000
答えは20000円ですね。

講師
講師

正解!よくできました!
仕入れ値は、20,000円です。

ポイント! 定価、売値、利益、仕入れ値の式を覚えておくとよいです。
売値=定価―割引分の価格
売値=仕入れ値+利益
利益=売値―仕入れ値


中学生数学特訓プラン

基礎力養成特訓プラン

推奨学年中学1年~中学3年生
内容計算の基礎養成演習
時間割50分授業×週1回
授業回数月間4回
授業料中学1年生:8,300円
中学2年生:8,700円
中学3年生:8,900円

発展力養成特訓

推奨学年中学1年~中学3年生
内容文字式・方程式・関数・証明等の文章題読解演習
時間割50分授業×週1回
授業回数月間4回
授業料中学1年生:8,300円
中学2年生:8,700円
中学3年生:8,900円
実力に合わせ週2回のプランも承っております。詳しくは各教室まで。

各種数学特訓プランは以下からお問い合わせ下さい。

LINEで問い合わせ

※下のボタンをクリックして、お友達追加からお名前(フルネーム)とご用件をお送りください。
篠ノ井校LINE
川中島校LINE
青木島校LINE
東和田校LINE

    お問合せフォーム

    お問い合わせ内容 (必須)

    最寄りの教室 (必須)



    ※入力頂いた情報は、お問合せ内容に対応する目的のみ使用し致します。
    ※お子さまとの相性ややる気を重視している為、しつこい勧誘や営業活動には使用致しません。