中学1年生数学ー正の数負の数

2020年7月6日

単元:正の数、負の数の計算

講師
講師
今日は正の数、負の数の計算についてアドバイスします。
恒例のいきなりだけど、この問題解けるかな?

問題:( プラス1 ) ひく ( プラス3 )は、いくつになるでしょう?

生徒
生徒
えーと、これは「1より3小さい数」だから、数直線を使って考えると…

答えは-2です!
講師
講師
正解です!
数直線を使って考えると分かりやすいですね。

では、( プラス1 ) ひく ( マイナス3 )はいくつになるでしょう?

生徒
生徒
えーと、これは「1より-3小さい数」だから・・・・・・
うーん、頭がこんがらがってきた・・・
講師
講師
OK!良いとこまで来てますよ♪
「-3小さい」は、負の数を使わないで表すと…

だったよね?
生徒
生徒
なるほど!そうすると、「1より-3小さい数」は「1より3大きい数」と言い表せるから

答えは4です!
講師
講師
正解です!!よく出来ましたね!!
このように、ひき算をたし算に変えると、後ろの数の符号も逆になるのでよく覚えておこう!!
ちなみに中学1年の1学期中間テストで(+1)-(-3)が(+1)+(+3)になる理由を説明させる問題が出題されることがよくありますよ♪