中学1年生数学-方程式の利用(長いす)

2020年7月6日

単元:方程式の利用(長いす)

講師
講師
今日は方程式の文章題を解いていくよ。それでは問題です。
「生徒を長いすに座らせるのに、長いす1脚に4人ずつ座ると7人が座れず、 5人ずつ座ると3人だけ座った長いすが1脚できた。長いすの数を求めなさい。」
生徒
生徒
まずは長いすの数をx脚とします。
講師
講師
そうですね。まずは求めたい数を文字に置きます。
その際、何を文字に置いたか忘れないように必ず書き残しておきましょう。
では次に、長いすの数以外の数量=生徒の人数を文字式で表してみましょう。
生徒
生徒
えーっと…
長いす1脚に4人ずつ座ると7人が座れなかったから……
方程式の利用(長いす)
生徒の人数は「4人×(長いすの数)+7人」となるので、4x+7(人)…①と表せます。
次に、5人ずつ座ると3人だけ座った長いすが 1 脚できたから…
方程式の利用
うーん、同じように生徒の人数を文字式で表したいんだけど、どうしたらいいんだろう…。
講師
講師
「3人だけ座った長いすが1脚できた」というのは、言い換えれば「最後の長いすだけ2人分空いている」ということになります。
よって、生徒の人数は「5人×(長いすの数)ー2人」つまり5x-2(人)…②と表すことができます。
生徒
生徒
なるほど!
方程式の利用(長いす)
長いすの数を9脚とすると、生徒の人数は4×9+7=43(人) 、 5×9ー2=43(人)となり、これは問題にあっています。
よって長いすの数は9脚です。
講師
講師
優秀!正解です!!
最後は自分の求めた値が問題に合っているか、必ず確かめをしましょう。