ITTO個別指導 長野の冬期講習2017

2018年11月22日

ITTO個別指導塾長野冬期講習

なぜITTO個別指導学院長野の冬期講習がおススメなのか

じつは勉強の出来ない子はひとりもいません

「テストの点数が悪い」「勉強をしようとしない」「勉強が嫌い」そんなお話を保護者の方からよく聴きます。

私たちITTO個別指導学院長野の4校(篠ノ井校、川中島校、青木島校、東和田校)はその名の通り個別指導塾なので、じっくり子ども達と向き合える時間があります。

じっくり向き合って、指導を進めると、「わかる!」が増える。次第に点数が上がる。そんな経験を何度も何度もしています。

勉強の出来ない子はひとりもいないのです。ただ勉強をしていないだけ。または勉強の仕方がわからないだけ。

ひとりひとりに合わせた個別指導塾ですから、ひとりひとりが、どこでつまずくのか?どこまでは理解できているのか?がハッキリ分かりそれぞれにとって適切な指導につなげることが可能なのです。

つまり、入塾さえしていただければ、「わかる!」が増える。次第に点数が上がるのです。

冬期講習が子ども達のきっかけになります

塾に行きたいという子は、じつはあんまりいません。

保護者の方に連れられて入塾、友達が通っているから入塾、そんなケースが多いと思います。

しかし例外の時期があります。それは冬期講習、夏期講習などの後。

冬期講習だけだから。気軽な気持ちになるのか、嫌々通う子どもはいません。

そして冬期講習後、自分自身の意見で入塾されます。

冬期講習の短い期間でも、個別指導だから故に成果が出やすく、それが嬉しくて入塾されるのです。

熱意と自信があります

解らないと解る間には壁がありますが、その壁は子どもひとりひとり違います。

やる気スイッチが入らない。やっているのに結果につながらない。やり方が分からなくて困っている。などなど。

わたし達講師は、勉強をしなくても成果が出たといった経験をした事がありません。

今塾に通ってくれている子ども達と同じように、やる気スイッチが入らない。やっているのに結果につながらない。やり方が分からなくて困っている。といった経験をしていて、それでも色んな人の力を借りて頑張って目標を達成した人間ばかりです。

いま壁を目の当たりにしている子ども達の気持ちが、すごくわかるのです。

諦めず、自分を勝手に決めつけず、わたし達が経験したように、色んな人の力を借りて頑張れば、目標は達成できると教えてあげたいのです。

冬期講習の期間中はテレビ等も特番ばかり

自宅にいると、いつも見ている番組も特番等時間を延長して放送されるため、ついついテレビやインターネットを見てしまいがちです。

時間は限られています。ぼーっとテレビを見て終わるか、一日50分でも集中して勉強するか、大きな分かれ道です。

しかも、一日50分でも集中して勉強すれば、効果を子ども自身が体感し今後の学習にも良い影響を及ぼします。

だから、2017年今年の夏期講習は、私たちにおまかせ下さい。

2017長野市冬期講習
[br num="2″]