塾生たちの合格体験記

2020年1月24日

屋代付属中学合格体験記

Mさん (川中島校:屋代付属中学 合格)

「合格するために頑張ったこと」 私は、まず最初に屋代中のことを詳しく調べて、自分に足りないものを明確にしました。
そして問題を解く速さが自分に足りないと考え、塾に通って力をつけようと思いました。

塾に通い始め、先生に教えてもらったのが、「基礎問題を正確にやること」と「文章は知らない人が読んでも分かるくらい具体的に書く」という事でした。この2つを大切にしながら、少しずつ応用問題にチャレンジしていきました。受験4か月前からは、模試を受けたり色々な学校の過去問題を、時間を計って解いてみたりしました。そうやって、本番と同じように時間を決めてやっていくと、やっぱり時間がきびしいことに気がつきました。

そこに気づいてから、中学1年生の、自分には少し難しい国語の問題集を毎日やるように塾の先生に宿題を出されたので、1課題ずつ毎日やっていきました。そうしたら、文章を読み取る力がついて、解くスピードも次第に速くなっていきました。

本番は、不安な気持ちもあったけれど、いつもと変わらずに今まで教えてもらってきた事と、笑顔を忘れずに臨み、無事合格しました。 合格通知をもらった時は、「なみだが出るくらい嬉しい」という感情と「ありがとう」という感情がこみあげてきて、今までの重い不安は一気に吹き飛びました。

平成27年度入試 前期選抜合格体験記

Mさん (川中島校:市立長野高校 合格)

Q.高校合格へ向けて頑張ったことは?
授業をしっかりと聴いて、ノートを綺麗にまとめること。
漢字能力検定などの資格を取ること。
Q.これから受験生になる後輩たちへの一言アドバイス
受験は誰にとっても不安ばかりで逃げ出したくなることもあるかもしれないけれど、努力は人を裏切らない!
努力は必ず実を結ぶから、負けずに頑張って下さい。

T君 (川中島校:長野南高校 合格)

Q.高校合格へ向けて頑張ったことは?
面接や作文でわからない事があったら、とにかく先生に質問しました。
面接も作文も練習しすぎということはないから時間があればとにかく先生と面接練習をしたり、50分間で作文を書いたり沢山練習をしました。
Q.これから受験生になる後輩たちへの一言アドバイス
前期の場合は特に今までの学校生活が見られたりしているので前期で合格をねらうためには、学校生活をしっかりした方がいいと思います。
受験勉強のしすぎはないのでしっかりと今までやったことの復習をした方がいいと思います。

Posted by itto_nagano